HB101とハイポネックスの違いって何?|使い分け方法・活用方法について解説    

HB101とハイポネックス違い
植物好きな方は読んでみて下さい。

植物好きな方はぜひこちらの記事も読んでみて下さい。

植物を育てて収入を得る方法を紹介しています
是非読んでみて下さい

▶植物を仕入れて○○するだけで収入を得る方法を紹介

草花を育てている人なら一度は耳にする園芸品『ハイポネックス』と『HB-101』。

名前はよく聞くんだけど何に効くんだろう?

それぞれの使い方が良く分からない・・・

まず二つの商品の違いが全く分からないという方も結構多いのではないでしょうか?

どちらの方が効果があるのか考えてしまう人もいるかもしれませんね。

そこでこの記事では『ハイポネックス』と『HB-101』の違いを知りたいという人のために、それぞれの特徴について詳しくまとめてみました。

それぞれの資材がどんなものなのか、そしてどんな使い方をするのがオススメなのかを分かりやすく紹介しています。

観葉植物や草花の育成には私もハイポネックスとHB-101を実際に使用しているので、それらの使い分けの考え方についても実態に沿った内容で解説しています。ぜひ参考にして下さいね。

目次

ハイポネックスとは?

ハイポネックスは株式会社ハイポネックスジャパンが製造販売している液体肥料です。肥料なので3要素である窒素(N)リン酸(P)カリウム(K)が含まれています。

肥料成分・・・6(N)-10(P)-5(K)

液体肥料なので、とても植物に吸収しやすく速効性があることが利点。pHは6~7の弱酸性になっています。

ハイポネックスの用途

肥料なので植物を成長させるための栄養補給が主な役割になりますね。

ハイポネックスは植物の種類に応じて、原液を以下の倍率で希釈して散水して使用します。

スクロールできます
植物庭植え植物(花木・庭木・果樹・芝生)
倍率250倍
水量10L
キャップ2杯
(40ml)
使用間隔2週間に1回
スクロールできます
植物草花・野菜・バラ・キク・観葉植物・花壇・菜園
倍率500倍
水量10L
キャップ1杯
(20ml)
使用間隔1週間に1回
スクロールできます
植物鉢花・洋ラン・球根・花木・果樹・ハーブ
倍率1000倍
水量10L
キャップ1/2杯
(10ml)
使用間隔1週間に1回
スクロールできます
植物サボテン・東洋ラン・カンノンチク・山野草・盆栽・幼苗
倍率2000倍
水量10L
キャップ1/4杯
(5ml)
使用間隔2週間に1回

HB-101とは?

HB-101は三重県四日市市に本社を構える『株式会社フローラ』の主力商品。

『Happy Bio 101%』を略して【HB-101】という名前にしたそうです。

販売が開始されたのは1978年(昭和53年)。開始から既に40年以上も販売し続けている商品になります。

未だに主力商品として販売しているところがこの商品への自信であり、長年の営業普及活動によって沢山の愛用者がいるということの表れだと感じますね。

会社の企業理念には【農薬に頼らずに植物を育てられる安心安全な方法の普及】ということを掲げている会社です。

HB-101の成分について

HB-101の原料になっているものは【スギ】【ヒノキ】【マツ】【オオバコ】から抽出した植物エキスのみです。

これら植物エキスの他には添加物は何も使っておらず、抽出の方法も化学物質を使用して分離させるような、余計な物が混入するような方法では行っていません。

なので、HB-101は純粋で濃厚な植物エキスの混合液という訳ですね。環境や健康に全く害の無い材料しか使っていないので誰でも安心して使用できるのがポイントです。

株式会社フローラ』が公開している、HB-101に含まれる主な成分について以下に分析値をまとめてみたので参考にして下さいね。

HB-101の一般分析値

【一般分析】成分分析値
粗タンパク質0.1%
粗脂肪0.4%
粗繊維0%
粗灰分0%(微量)
粗糖分0%
【HB-101】一般分析の値

HB-101の一般分析値はほぼ『0』です。糖やたんぱく質はほとんど含まれていないのでホントに余計な物が入っていないのが分かるかと思います。

HB-101の無機質分析値

【無機質分析】成分分析値
ナトリウム41mg/L
カルシウム33mg/L
1.8mg/L
マグネシウム3.3mg/L
ケイ素7.4mg/L
窒素97mg/L
カドミウム不検出
ヒ素不検出
無機質分析の値

株式会社フローラが行っているHB-101の無機質分析の結果が上の表です。

ほとんどの項目が非常に微量・・・。肥料三要素の窒素(N)も『97mg/L』とかなり微量なのが分かりますよね?

HB-101は肥料ではなく、植物(スギ ヒノキ マツ オオバコ)から抽出したエキスだけを材料とした資材になります。

HB-101の用途

HB-101の使用は植物の活動を活性化させるために使用します。

たとえば以下のようなタイミング👇

HB-101の用途例
  1. 植え付け前の種を漬け置き
  2. 挿し木の発根促進
  3. 弱った植物への活力剤

主な用途は植物の発芽や発根を促すために使うことが多く、成長を促す資材として利用するのがおすすめです。

ハイポネックスとHB-101との違い

HB101の希釈方法

ハイポネックスとHB-101の特徴や用途について理解したとこで、続いてはハイポネックスとHB-101の違いについて解説していきます。

この二つの資材の一番大きな違いは肥料成分が入っているかどうかということがポイント。

ハイポネックスは肥料成分N-P-Kが6-10-5含まれているので液体肥料という分類、対するHB-101は肥料成分がほぼ0なので肥料では無く植物の活力剤というものに分類されます。

それぞれの違いをまとめた比較表を作ってみました👇

スクロールできます
比較内容ハイポネックスHB-101
資材の分類液体肥料植物用活力剤
役割の違い植物への栄養補給発芽・発根を促す
与えすぎによる弊害肥料焼けや窒素過多を起こす特になし
ハイポネックスとHB-101の違い

このように二つの資材を比較してみると全く用途の違うものだということが分かりますよね?

注意したいのが、ハイポネックスは肥料なので植物に与え過ぎると悪影響が出るという点。

肥料は植物が分解吸収できる量を超えて与えてしまうと、栄養を与えるどころか根が傷んでしまい植物を枯らしてしまうことになります。なので、ハイポネックスは決められた希釈率を守って正しい分量で使用するようにしましょう。

それに対して、HB-101の場合は肥料成分が入っていないので、肥料焼けなどの注意すべきポイントが無いので安心して使えます。

ハイポネックスは植物への栄養補給という役割なのに対し、HB-101は植物の細胞を直接活性化させて茎や葉・根っこなどの成長を促すことに使えます。

なので、もし窒素分などが足りているようならば、ハイポネックスの散布は行わずにHB-101だけを使い減肥栽培や無肥料栽培をする使い方もおすすめですよ。

ハイポネックスとHB-101との使い分け

これまでの解説でHB-101とハイポネックスとは『全くの別物』ということは分かって頂けたかと思います。

そのため、どちらか一方を使うという考えよりも必要に応じてどちらの資材も使用するという形がおすすめです。

具体的には植物の活動を活性化させて成長を促すために『HB-101』を使用し、必要な栄養分の補給は『ハイポネックス』を使う、という形が植物にとって理想的な使い方だと思います。

ただ、先ほども触れました肥料は必要以上に与えると様々な悪影響が起こります。

肥料の与えすぎは、野菜・果物の食味が悪くなったり、環境への悪影響、害虫が寄り付いてしまうことも・・・。

このような影響を出さないためには肥料は必要最低限だけ使うのがポイントなので、使用量はきちんと守って有効に活用するようにしましょう。

HB-101を使うことで肥料の使用量を少なくしても元気に育ってくれるので、興味のある方は一度試してみることをおすすめします。

まとめ

今回はHB-101とハイポネックスとの違いについてと、その使い分けについて解説しました。

二つの資材は、含まれている肥料成分の有無で全く別の資材になります。

HB-101は植物を活性化させ発芽や発根を促し成長を促進させる効果がありますし、ハイポネックスは植物に栄養を供給してくれるので植物が消費した栄養成分を補給してくれます。

それぞれ別の用途で使えるので、必要に応じてHB-101とハイポネックスを使い分けるのが植物を早く成長させるためには一番良い方法かと思います。

HB-101の関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次