金木犀(キンモクセイ)の育て方まとめ|庭植えする際の注意点などを詳しく解説

金木犀(キンモクセイ)の育て方まとめ
植物好きな方は読んでみて下さい。

植物好きな方はぜひこちらの記事も読んでみて下さい。

植物を育てて収入を得る方法を紹介しています
是非読んでみて下さい

▶植物を仕入れて○○するだけで収入を得る方法を紹介

この記事では、これから金木犀を育ててみようとしている方や今現在育成方法で悩んでいる方のために、金木犀の育て方のあれこれをまとめて紹介しています。

より詳しく知りたい場合は詳細記事の方をチェックしてみて下さいね。

目次

金木犀の特徴

一般的な呼び名キンモクセイ
別名
和名金木犀
英名fragrant olive
学名Osmanthus fragrans var.aurantiacus
分類シソ目・モクセイ科・モクセイ属
形態常緑広葉樹 小高木
大きさ4m~18m
開花時期9月~10月
原産国中国
日当り環境日なたを好む
耐寒性やや弱い
耐暑性強い

金木犀の名前は木の樹皮が動物のサイ(犀)の足の形状に似ていることから中国で『木犀』と名付けられ、【ギンモクセイ】の白い花色に対して、本種のオレンジ色の花色を金色に見立てたことがこの名前が付けられた由来とされています。

日本には江戸時代に中国から渡来し、その後挿し木によって全国各地に植栽が広まりました。

秋が開花シーズンで、金木犀のオレンジ色の花が咲くと近くを歩いているだけでも気付くほど辺りに甘い香りが漂います。

金木犀を育てる場所選び

金木犀 花

金木犀は日のよく当たる場所で育てるようにします。一日中太陽の光が当たる場所または半日陰で育てるのがおすすめ。でも夕方の西日は避けられる方が良いです。

金木犀を庭植えする際は育てるための環境選びも大事ですが、近隣住民とのトラブルにならないようにする視点で植え付け場所を検討することも忘れてはいけません。

金木犀は成長すると樹高が5mを超える巨木になるポテンシャルを持った花木なので、

日が当たらなくなった!』『枯葉が敷地に飛んでくる!』など、何かとトラブルに繋がり易い樹木とも言えます。

トラブルを防止するためには、植え付け前によく検討することが重要なので、木が大きく育ったこともイメージしながら場所決めするようにしましょう。

関連詳細記事

金木犀の剪定の重要性|小さく育てるための方法

金木犀 花

大きくなり過ぎる金木犀は毎年選定作業を行うことで、適正な大きさで育てることができますし樹体も元気に成長してくれます。

剪定は植物を健康に育てるためにも大切な作業なので必ずおこなってあげて下さいね。

金木犀を放任で育ててしまうと、樹高が大きくなり過ぎてしまい後から剪定することが大変になってしまいます。

以下の詳細記事では金木犀を小さく育てるための方法や剪定時期などについてまとめています。良かったら参考にして下さいね。

金木犀を植え付けする時期と方法

金木犀 花

植え付けする場所が決まったら金木犀を地植えする準備をしましょう。

とはいえ、いつでも定植してOKな訳ではありません。ストレスのかかる季節は根も発育せず植え付けに失敗する可能性もあるので適切な時期に行いましょう。

金木犀を植え付けするなら3月~4月が一番ベスト

ストレスのかかる夏までに充分根が成長できますし、新芽の出る季節なので生育がとても順調に進みますよ。

植え付けに役立つ詳細情報を参考にして下さいね↓

金木犀のおすすめの増やし方

金木犀が枯れてしまった時のために別の株を育ててみてはいかがでしょう。

金木犀は比較的簡単に増やすことができるので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

基本的な増やし方は『挿し木』と『取り木』ですが、おすすめは『取り木』です!

開花までの時間が短くて済みますし、発根させることに失敗が少ないため、株を増やしたいなら取り木を検討してみて下さいね。

金木犀の取り木のやり方については以下の記事で解説しています。

金木犀の育成で注意する害虫と病気

金木犀には様々な害虫がやってきます。致命的になるものはいませんが、どんな害虫が寄り付いてくるのか事前に知ることで対策ができます。

以下の記事では金木犀につく害虫や病気についてまとめています。

金木犀に関する疑問

そのほか、金木犀の管理に関することや、様々な疑問についてまとめた詳細記事があるので、ぜひ参考にして下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次